スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪をひきました

風邪をひきました。

ハルオさん。
ブランコを噛み噛みしていたら突然・・・

へぇ〜クッション!

とクシャミしまして、鼻水も飛んでまいりましたの。

P1070949.jpg

隣のお宅に住む、みどりさんをお尋ねしたところ、

このお嬢さんお風邪気味とのこと。

P1070928.jpg

さほどヒドくはなさそうなので、ケージに保温器をいれて上から保温カバーをかけましたワ。

P1070945.jpg

このところ寒い東京は武蔵野地方。

・・・・おだいじに☆


昨夜のサッカー。

ACL(AFCチャンピオンズリーグ):全北現代(韓国) vs C大阪(日本)

ファールだらけのヒドイ試合だった。開始10分で全北にイエロー2枚、セレッソのキムボギョン(韓国A代表)が鼻にヘッドバット(頭突き)食らって負傷交代・・・・顔面骨骨折で全治2ケ月の大怪我w

どう贔屓目にみても故意でやっているファール。
なぜか主審は退場にせず。

しかもスタジアムには下記の段幕まで貼られていた。

「日本の大地震をお祝います」

c62f3d1b.jpg

C大阪側の指摘を受けて前半途中に撤去された。

クラブとしては翌日、公式ホームページに謝罪文を(ハングルで)掲載した。

制作者(30歳の会社員)は29日午後に全北現代を訪れ、「心ない行為で多くのファンにあまりにも大きな失望感を与えました。日本国民と韓国のサッカーファンに心からおわび申し上げます」と謝罪した。また、日本遠征で負けたことが悔しくて横断幕を掲げたとし、他意はなかったと釈明したとのこと。

- - - - -

いつも無視する韓国が、今回はすっとぼけずにすぐ謝罪したのは進歩だのう(笑)

憤るのは自然なこと。
またしても、このことは多くの日本のマスコミは報道していない。

不謹慎極まりない野郎が、韓国だろうかアメリカだろうが、何処の国籍だろうと許しがたい。今回は韓国なので、左巻きの人々は「過剰反応」と片づけるが、それは違うのではないか?

- - - - -

後日談。

韓国の有力紙「蔘鷄湯日報」

一部ではあるが、わが国の熱狂的サポーターの行為は『紳士のスポーツ』の名にふさわしくなく、今後このようなことが起こってはいけない」としながらも、「大地震をお祝い(し)ます」の横断幕については「『しぬき』でがんばれ、という日本への遠まわしな応援メッセージだった可能性を捨てきれることはできないだろうと考えられる可能性の余地も残されている」と一部擁護する姿勢も見せた。



意味不明・・・w

そんな中、ある韓国メディアは、サポーターの行動について強く批判する一方、全北球団の迅速な対応を高く評価した。さらに1月のカタールアジア杯での日韓戦で、日本人サポーターが旭日旗を掲げたことを例に、日本も反省すべき点は大いにあると論じている。

  同メディアは「全北横断幕論争。果たして日本は清らかなのか」と題した記事で、日本がアジアサッカー連盟や大韓サッカー連盟に抗議文を送るなどして厳しい対応を示したのは「自分の汚点は消さず、他人の汚点を指摘する姿」と批判、「今まで日本はきちんとした対処を見せたのか」と問いただした。

  記事は、1月のアジア杯で日本人サポーターに旭日旗による応援があったとし、「日本の軍国主義の象徴」である旭日旗を掲げたことは「韓国を馬鹿にする仕打ち」「スポーツマンシップに反する行為」「人命被害・自然災害ほど幼稚な応援」などと批判。そのような応援に対して日本は「1回たりとも謝らず、制止することもなかった」と遺憾を表明。

  問題の横断幕については自省のきっかけとすべきとしながらも「日本が私たちに成熟した応援文化を求め、AFCに提訴する前に自らの行為も1回くらいは振り返る必要がある」「残念な姿だ」と論評。全北球団の対応をみて「感じる点があるべき」と指摘した。

  「大地震祝い」横断幕について韓国でも批判的な声が圧倒的だが、中には「日本の旭日旗応援は?なぜこっちだけ非難される?」といった声もあり、同記事はそのような声を代弁した形だ。(編集担当:金志秀)/p>



さらに意味不明・・・

.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

Copyright belongs to Haruko. All rights reserved. This blog may not be translated, quoted, or reprinted, in whole or in part, without prior written permission.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Harukovsky

Author:Harukovsky
我が家の構成員は下記の通り。
●オカメインコ(全体が黄色のEXスーパーヘビーシナモンパールパイド)♂のハルオ。
●サザナミインコ(ノーマル)♀の鬼嫁みどり。
●サザナミインコ(コバルト)♂の婿殿コバオ。
●人間(快楽主義)♂のオット
●人間(放浪主婦)♀の私
- - - -
構成員だった羽衣セキセイ(オパーリンライラック)♂の正男さん、ローラカナリア♂のロロさんは私の実家に出向中。
赤カナリア♂のアカオさんは2011年8月4日に虹の橋へ旅だってしまいました☆

旧ブログ→http://harukovsky.cocolog-nifty.com/blog/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。