スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国は山東省青島:団地

先日、中国は山東省の山東半島北部の港湾都市「青島」に行って来ました。

青島は鄙びた漁村だったが、清朝時代になって地味に整備。日清戦争後の1898年、ドイツは膠州湾を99年間の租借地として、ドイツ東洋艦隊の母港が建設され、極東における本拠地となる。ドイツは鉄道敷設権と鉱山採掘権など得て山東半島一帯を勢力下に置く。街並みや街路樹・上下水道などが整えられた。1903年にはドイツ人が青島ビール製造所を開業させている。

第一次世界大戦でドイツに宣戦布告した日本は、1914年膠州湾のドイツ要塞を陥落させて占領下に置き、1922年に中国に返還した。1938年日中戦争が始まると、青島は再び日本軍の占領下に置かれた。

第二次世界大戦後には米国西太平洋艦隊の司令部所在地となった。1949年6月2日中国人民解放軍が青島に入城し、中国共産党政権の支配下に置かれた。文化大革命終了後の鄧小平時代には対外開放され(1984年)、近代的な港湾都市として発展中。



青島流亭国際空港は、市内中心部から北へ約32kmに位置する。
国際線は日本と韓国に就航。

P1080888.jpg

「どこまで開発しているんだ?」ってな感じの青島郊外。農地収用による郊外団地開発の進展、といえば聞こえはいいが。。。

P1080724.jpg

中国の団地のスケールが大きい。追い出し→造成→建設はほとんどが短期間で大量の住宅を供給。同時に学校や公園等を整備して、ひとつの街として全体をプラニングするのが一般化している。高層住宅が主体で、南向き重視。

住棟のデザインや色彩は多彩で、表面的な豪華さを重視するためか、多くが西欧風ファサードを外観デザインに取り入れているが、同じデザインで大供給しているため、全体として単調になっている。

P1080748.jpg

ここ数年に建てられた住戸規模は90〜150m²/戸(3LDK)と大きめ。リビングルーム・主寝室・客用寝室が2つという間取りが多い。

中国では住宅はスケルトンで販売される。すなわち購入者(区分所有者)が住宅引き渡し後に、内装や設備を「装飾公司」に発注するのが普通。これら業者は断熱性能・遮音性能・設備性能などを熟知した工事をするとは限らない。


さて、今回は青島の空港から車で10分に位置する団地に行ってみた。

ここは元々は農村であり荒れ地だった。周辺には韓国系アパレル系工業団地などもあって、工業に勤める労働者が多く住む。外国人管理者などもここに部屋を借りている。

訪問したのは日本人の独身男性(1人暮らし)の家。
会社から家賃が全額支給されている。

リビング・主寝室・客用寝室1の2LDK
築年数は10年前後くらい。
6〜7階建てだがエレベーターはない。
(排水対策なのか倉庫のためなのか、半階づつ上がる。日本で言う1階は1.5階に相当する)

P1080735.jpg

階段下に世帯分のブレーカーがある。
電気代を少しでも延滞すると電力会社は即、ブレーカーを切るらしい。

P1080754.jpg

玄関。
昭和の公団とか官舎とか社宅風(懐かしい)。

玄関の扉も区分所有者が好きに選ぶので、各戸様々。

P1080753.jpg

いわゆる玄関(三和土)はなく、いきなり室内。
そしてリビング。

P1080737.jpg

リビングから玄関扉をみる。

P1080751.jpg

リビングから台所と客用寝室をみる。

P1080743.jpg

主寝室。

P1080738.jpg

客用寝室。
韓国式オンドルの設備付。

P1080740.jpg

トイレ+シャワー+洗濯場が一体となった水場。
湯桶はない。

見た目はいいが、施工の荒さや排水問題、動線とか不都合だったりする。

P1080745.jpg

P1080746.jpg
(給湯器は太陽光パネルとの併用)

台所。

P1080742.jpg

中国の冷蔵庫。
冷凍室が引き出し式になっているものが多かったような。

P1080749.jpg

窓には鉄格子。
いちおう観音開きにはなっているが、デカい南京錠が・・・!

P1080747.jpg

友人はここに1人で暮らしているが、他のほとんどの世帯が2〜3世帯6〜8人で暮らしているらしい。荷物も多い中国人なので空間は寝る場所しかないだろう。


農地から追い出された農民は、このようなマンションを2〜3区分+金銭(20万~30万元:約270万~405万円))を立ち退き補償として与えられる。補償金で新たな農地を借りるのはほぼ不可能なため、農民廃業→転職を強いられる。

写真のマンションは立ち退きを強いられた農民は2区分を貰ったそうな。1区分を自分達大家族(2〜3世代)で住み、もう1区分を賃貸にして生活をする(転売することもあり)。それでも自給自足に近い生活から比べると生活は苦しい。老人以外は共稼ぎ。人気マンションなら固定収入が入るが、そうでないと逆に負担になる。

土地の立ち退き補償金で、瞬間的には大金持ちになった農民らだが、無知による浪費などで貧困逆戻りを懸念されている。


.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

Copyright belongs to Haruko. All rights reserved. This blog may not be translated, quoted, or reprinted, in whole or in part, without prior written permission.
mansion
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Harukovsky

Author:Harukovsky
我が家の構成員は下記の通り。
●オカメインコ(全体が黄色のEXスーパーヘビーシナモンパールパイド)♂のハルオ。
●サザナミインコ(ノーマル)♀の鬼嫁みどり。
●サザナミインコ(コバルト)♂の婿殿コバオ。
●人間(快楽主義)♂のオット
●人間(放浪主婦)♀の私
- - - -
構成員だった羽衣セキセイ(オパーリンライラック)♂の正男さん、ローラカナリア♂のロロさんは私の実家に出向中。
赤カナリア♂のアカオさんは2011年8月4日に虹の橋へ旅だってしまいました☆

旧ブログ→http://harukovsky.cocolog-nifty.com/blog/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。