スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しています…転勤です!

ご無沙汰しているうちに、今年の1月6日付けでなんと転勤しました。

それもアメリカはロサンゼルス。
(オットの都合で…)

Redond_blg.jpg

話があったのは昨年の初夏。

「伯父の介護、父の介護、母の介護で無理」と、私は行くのに難色を示したが、会社が「奥さんには年間○○万ドルの航空券代も支給しますので来て下さい」と。さすがはアメリカの会社です(正確には欧州の会社だが)。取りあえず駐在員妻のビザは取っておくか…。

そして秋に入る頃、闘病生活の伯父が大往生。伯父夫婦が住んでいた家は(元々はオットの祖父宅なので)相続して、家を手直しして賃貸に出すことにした。この整理が大変で、何せ、大正時代からの荷物が満載。片付けに二ヶ月間かかり、ようやく家を空にしてリフォームに取りかかる。

設計士と工務店と数々の打合せをして、12月に着工。

その間、我々の荷物の引越があった。これがまた大変でして、日本の住処を撤退するなら全部持っていけばいいけど、介護の為にちょくちょく帰国(来日)しなきゃならないし、そもそも家を貸す気もなし。なので、持っていくものの選別が大変だった。

引越の前に渡米して住む家探しもしたっけ。外資の会社だと、その辺は親切というか、契約者が気に入るまで物件を紹介してくれる会社がつく。

ロサンゼルスは、一口にロサンゼルスというと「関東平野」がすっぽり入ってしまう。

狭義的にはロサンゼルス市。だがその周辺にロサンゼルス・カウンティと呼ばれる郡(市)がある。さらにそこに隣接するオレンジ・カウンティという郡(市)がある。関東で例えれば、ロサンゼルス市が東京都、ロサンゼルス・カウンティが埼玉県や千葉県や神奈川県の都市部、オレンジ・カウンティは千葉県の風光明媚な所とか群馬県とか茨城県とかになる。そんな中での引越物件探しデス。どこに住んだらいいんだ?

結局、年内では物件を絞り込めず、実際に家が決まったのは1月末。それまで親切な会社はロサンゼルスのダウンタウンに、いわゆるコンドミニアムを1ヶ月半ほど契約してくれた。ありがたい。

こうして見つけたのが、ロサンゼルス国際空港(LAX)の南、レドンドビーチ市というロサンゼルス・カウンティにある物件。築40年ほど、広さは135平米(2ベッドルーム)のマンション。海が一望です☆

1782176_746858798692408_2077088160_n.jpg

こうして、ロサンゼルス郊外での生活は始まり、私は二ヶ月に3回の日米間の往来。3月に入ると賃貸物件のリフォームも終盤にさしかかり、さて、問題になったのが、我が家の超可愛いトリーズの行方です。

(しばしの間でも)離れるのは嫌でして、伸ばし伸ばしにしていたけど、そうも言っていられず…。

海外転勤だと犬猫は時間はかかるものの、検疫はパス出来るので連れて行ける。だが鳥は鳥インフルエンザなど、伝染病があるためダメ。検疫待機中の他の鳥からうつされる可能性もある。実際、話を聞いた鳥の納入業者は、豪州や米国の検疫所で鳥フルに罹った鳥が見つかり、検疫所の全ての鳥の輸出は出来なくなったそうな。この措置を受けると、早くても1〜3年は留め置きされる。鳥の寿命との戦いにもなる。

調べまくり、日米の検疫局にもメールや電話、複数のペット輸送業者、インコを扱う専門店の仕入れ部署にも聞いた。カネの問題ではなく、感染の話でダメだった。

羽衣セキセイの正男さん以外は自分大好きのナルシストだが(笑)、離れると呼び鳴きし続けるのでバラバラにはしたくない。困り果てていたところ…沖縄に移住した友人が、

「どうにもならなかったら、うちで纏めて預かってあげよう」

と、涙が1リットル出る男前なレスが入りまして。
もう大感謝!

ようやく沖縄に連れて行く日を決めて…

ここから、じぶんでも驚く凹みっぷり。トリーズに負担をかけないため、我が家→羽田空港は定額タクシー。「鉛中毒にならないよう」この子達のために買った高い高いステンレス製ケージで運ぶとか、ひとつづつ手配して完了するたびに凹む。羽田〜那覇の航空券をポチった直後は激凹み。

はあ…

さびしー

でも細やかな気遣いの友人に宅せたのは幸せ。沖縄の気候はインコ族の原産地に近いし。先住のぷうさん、トリーズ軍団に驚かなきゃいいけど。。

転勤って急にあるもんで、急にペットと離れ離れになる。ペットの為に離職する話も聞く。ただ専門家なら離職しても再就職やカネがあれば起業出来るが、現実は甘くない。浪花節的な解決策はないのよ…学童年齢の子がいると特にね。

はあ…

t.jpg

残すは今晩だけ、明朝、一緒に沖縄に飛ぶ…


.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

Copyright belongs to Haruko. All rights reserved. This blog may not be translated, quoted, or reprinted, in whole or in part, without prior written permission.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まじですかーっ!そうなんですね~。
アメリカへ行ってしまったのですか~!!!
鳥ーズと離れ離れはほんとに身をつんざかれる
思いですよね。お優しい友人さんがいらっしゃって
良かったです。
南国で、もしかして快適に暮らせるかも(鳥さん)
親族のご不幸のあとに整理・・・
これもまたエネルギーがいる事ですもんね。
いやぁ~・・・
いつもながら多忙極めるharukovskyさんには
頭が下がる思いです。
頑張ってくださーいっ!!

No title

ものすごくお久しぶりですね!
やっと近況が聞けたと思ったら転勤ですか~
いろいろ準備が大変でしたね。
そして鳥ちゃんズとの別れ。。。。
もう切なくて心が引き裂かれそうですね。
Harukovskyさんの鳥ちゃんズへの愛情を知ってるし、
鳥ちゃんズもこれから離れて暮らすなんて思ってもいない
だろうし。
はああ。。。仕方ないですけどね。
今はお互いにベストな選択をしたと思います。
男気なご友人にたっぷり可愛がってもらってね。

かこぴさま

マジです・・・
ただ、父の容体が芳しくないので、実は(おそらく)夏まではLAにはあまり滞在できないのですが(笑)

里親様にはただただ感謝です。
でもサザナミーズとの相性がビミョーのようなので、第二弾案を考えなくてはならないかもしれません。

トリッコさま

トリーズとの別れがこんなに切ないとは思わなかったデス。
先日、ケージやら余ったゴハンを廃棄しました(見てると切ないので)。

もしかしたらサザナミーズが出戻るかもしれません(苦笑)

さて、どーしましょう…
プロフィール

Harukovsky

Author:Harukovsky
我が家の構成員は下記の通り。
●オカメインコ(全体が黄色のEXスーパーヘビーシナモンパールパイド)♂のハルオ。
●サザナミインコ(ノーマル)♀の鬼嫁みどり。
●サザナミインコ(コバルト)♂の婿殿コバオ。
●人間(快楽主義)♂のオット
●人間(放浪主婦)♀の私
- - - -
構成員だった羽衣セキセイ(オパーリンライラック)♂の正男さん、ローラカナリア♂のロロさんは私の実家に出向中。
赤カナリア♂のアカオさんは2011年8月4日に虹の橋へ旅だってしまいました☆

旧ブログ→http://harukovsky.cocolog-nifty.com/blog/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。