スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山菜三昧と新潟の湯

今年の新潟県南魚沼地方は雪が多くて寒くて、本格的に溶け始めたのが5月始めという遅さ。なので山菜も市場に出るのが遅いようで。

先日、ふきのとう・タラの芽・こごめ(こごみ)以外の山菜も出回るようになったので、越後湯沢の温泉街にある小料理屋に行ってみた。

福味
http://kyoudohukumi.web.fc2.com/
新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢336-3
025-784-3871



アケビカズラ(ヤマヒメ)の若い蔓。湯沢では「木の芽」と呼ぶ。

P1030612.jpg

ワラビのお浸し

P1030613.jpg

茸の天ぷら
素揚げた茸を濃厚な出汁醤油でいただく。

P1030614.jpg

山タケノコの素焼き
(根曲がり竹の新芽)

P1030617.jpg

山タケノコの味噌揚げ
(衣に味噌を加えて揚げる)

P1030618.jpg

山タケノコ入りのけんちん汁

P1030620.jpg


どれも美味しい!


塩漬け、乾物にする前の生の山菜は今しか食べられない。
至福!



山菜は産地で買うと安い。

山に入って山菜採りしてもいいけど、ちょっと面倒だったもんで、ワラビを買っちゃった(全部で2,000円弱)。

例年は乾して保存するけど、今年は塩漬けにしてみた。

P1030621.jpg

穂を取る。

P1030622.jpg

下漬け。

P1030623.jpg

一週間ほどしたらワラビを取り出して揉んで灰汁を取り、本漬けする(塩のみ)。状態が良ければ十年くらい持つ。食べるには塩出しすればOK。



越後湯沢から六日町(南魚沼市)に出る用事があったので、評判の良い中華屋に行ってみた。六日町インターから十日町に向かい、峠を上り始めてすぐ右にある。

こじじ
http://r.tabelog.com/niigata/A1504/A150402/15006633/dtlrvwlst/3806258/
025-772-4835



P1030601.jpg

チャーハンにエビチリ(液体ソースのみ)が添えてある。チャーハンに飽きたらエビチリをつけて食べるとこれまた美味しい。海老が大きめでプリプリ、ゴロゴロ。鶏から揚げも美味しい。田舎の町の中華屋ではレバルが高い!



六日町に出たので(…越後湯沢から車で30分だが)、ついでに温泉に行ってみようかと。

駒の湯温泉
新潟県北魚沼郡湯之谷村駒の湯

関越自動車道の小出インターから国道352号線を奥只見方面に進んでいくと、道路沿いにいくつものこぢんまりとした5〜6つの温泉「湯之谷温泉郷」が姿を現す。その最奥に駒の湯温泉があり、インターからは車で20分程度。「日本秘湯を守る会」の会員旅館で一軒宿(駒の湯山荘)。

冬季は休業し、営業期間は4月下旬から11月中旬ぐらいとなれば、行く気が出てくるってもの。

アルカリ性単純温泉で源泉は32.9度のぬるい湯(ぬる湯)。
沸かし湯と源泉そのままの二種類がある。

駒の湯山荘

P1030605.jpg

日帰り(立ち寄り湯)客は、山荘の斜めにある「日帰り専用風呂」のみ利用可能(内風呂のみ)。



あれ?

日帰り専用風呂がない?


P1030602.jpg


あはは・・・建物がないけど風呂場はある。

大きな方の浴槽の中央部から源泉が吹き上がっている。湯量がスゴイ(1分間に1800リットル)・・・すごい源泉掛け流しである。

P1030603.jpg

こちらは女性専用風呂。
狭いww

左が熱いお湯(加温浴槽)でひとりで満員。
右が源泉。

P1030604.jpg


どうやら建物を壊して櫓をつくる予定らしい。
日帰り温泉は無期休業・・・

ちょっと足湯をしてみたけど、湯温はフィットネスクラブの温水プールみたいな感じ(水よりはマシ)で、かすかに硫黄臭あり。多少の粘り気あり。細かい気泡が付く。

少ししかいなかったけど、足裏がぽかぽかしてくるのが不思議だった。温泉はミネラルウォーターのようで美味しかった。




なわけで、リベンジで…小出ICの方に戻りがてら大湯温泉に行く。

弱アルカリ性単純温泉
リウマチ、美肌、神経痛、神経炎、疲労回復など
源泉30〜53度

「湯之谷交流センターユピオ」という日帰り湯施設があったので入ってみた。
http://ooyu-yupio.com/

P1030610.jpg

露天風呂はなく内湯のみ。
景色はなかなか。

P1030609.jpg

この湯が・・・・


塩素くさーーいっ!


塩素、塩素、塩素、塩素の匂いが浴室に充満していて最悪。


最低の温泉施設だった!
ほんと・・・サイテー!

もっと湯を大事にしてもらいたい。



そいや今回は温泉に縁がなかったなぁ。

柏崎刈羽原発に行く前、六日町中心部、国道17号線沿いに出来た六日町温泉「湯らりあ」に行った。偶然にも開園初日だった。その東側にあった六日町温泉公衆浴場(中央温泉)が復活した形だ。7・12・13号源泉を合わせて供給している。

六日町温泉 湯らりあ
南魚沼市六日町392-3
入浴時間:10:00~22:00(入館は21:30まで)
サウナ:11:00〜20:00

一般客は入浴のみ400円、サウナ付きだと600円。

484372_443132265731731_995551752_n.jpg

源泉掛け流し…がウリらしい。

露天風呂はなく男女別内風呂(4人入れば満員の浴槽)のみ。併設の(200円追加)サウナは蛸壺のようで狭い。

源泉の温度は47.6度(pH7.91)だが、浴槽内の湯は43度弱(熱めの湯)無色透明ほぼ無味、かすかに硫黄臭がある湯。ぽかぽかに暖まる。


だが・・・まだ工事のセメント臭くて臭くて参った。


結局、大規模修繕中の我がマンションの湯(越後湯沢温泉;源泉掛け流し)が1番良かった!というオマケ付きw

P1030600.jpg

5594346_74640947_1large.jpg

部屋からの景色は悪くなったが、このネットのおかげで虫が入ってこない(笑)

P1030598.jpg


ま、こんなこともあるんだなーって。



.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

Copyright belongs to Haruko. All rights reserved. This blog may not be translated, quoted, or reprinted, in whole or in part, without prior written permission.
スポンサーサイト

テーマ : 新潟県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Harukovsky

Author:Harukovsky
我が家の構成員は下記の通り。
●オカメインコ(全体が黄色のEXスーパーヘビーシナモンパールパイド)♂のハルオ。
●サザナミインコ(ノーマル)♀の鬼嫁みどり。
●サザナミインコ(コバルト)♂の婿殿コバオ。
●人間(快楽主義)♂のオット
●人間(放浪主婦)♀の私
- - - -
構成員だった羽衣セキセイ(オパーリンライラック)♂の正男さん、ローラカナリア♂のロロさんは私の実家に出向中。
赤カナリア♂のアカオさんは2011年8月4日に虹の橋へ旅だってしまいました☆

旧ブログ→http://harukovsky.cocolog-nifty.com/blog/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。