スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン6:バルセロナ(カサ・ビセンス)

カサ・ビセンスCasa Vicens
(住所: Carrer de les Carolines 24)

ガウディ Antoni Gaudi は1978年に設計を始め(同年に建築士免許取得)、1883年から1888年にかけて手がけた初期の作品。一人前の建築士としての処女作。カサ・ビセンスはタイル製造業者マヌエル・ビセンスが発注した邸宅。

DSCN2163.jpg

石とレンガの混構造。施主の工場で焼いたタイルが外壁を彩ったこの邸宅は、スペイン独自のムデハル様式(キリスト教建築とイスラーム建築の融合)とアルハンブラ宮殿の影響を受けた作品。

DSCN2145.jpg

DSCN2136.jpg

LEGOで作ったかのような邸宅。

DSCN2142.jpg

DSCN2154.jpg

建物に使用した外壁・内装のタイルの数は膨大で、かつ、絵タイルはカタルーニャ地方の植物をデザインした。タイルが全て揃うのに6年余。この影響でビセンスの工場は傾きかけたが、館が完成すると大評判になって、経営は元通りになった(笑)

DSCN2160.jpg

DSCN2156.jpg

DSCN2152.jpg

家が建つ前、この敷地には黄色い花が咲いていたそうな。

DSCN2150.jpg

DSCN2157.jpg

DSCN2149.jpg

フェンスの鋳型はガウディの知人の彫刻家ロレンソ・マタマラによるもの。シュロの葉がデザインされている。これはグエル公園の入り口のフェンスと同じ。

DSCN2138.jpg

DSCN2139.jpg

建物は1925年の増改築で倍以上の規模となったが、広大な敷地は、道路拡幅や代替わりで縮小された(現在の姿)。2000年から2004年にかけてこのタイルの修復を含めた工事が行われた。

f0126688_943425.jpg

1927年にはバルセロ市庁によって最優秀建築に選ばれ、2005年にはユネスコ世界遺産にも指定されたカサ・ビセンスは「個人の邸宅」なので、内覧は基本的に出来ない。

実は…2007年10月から絶賛売り出し中。言い値は3,000万ユーロ。

詳細はコチラ(室内写真や断面図もあり→
http://www.casavicens.es/(日本語対応)

観光客が絶えず、家を覗かれて・・・住むのは大変だろうなぁ。


.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

Copyright belongs to Haruko. All rights reserved. This blog may not be translated, quoted, or reprinted, in whole or in part, without prior written permission.
スポンサーサイト

テーマ : バルセロナ旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Harukovsky

Author:Harukovsky
我が家の構成員は下記の通り。
●オカメインコ(全体が黄色のEXスーパーヘビーシナモンパールパイド)♂のハルオ。
●サザナミインコ(ノーマル)♀の鬼嫁みどり。
●サザナミインコ(コバルト)♂の婿殿コバオ。
●人間(快楽主義)♂のオット
●人間(放浪主婦)♀の私
- - - -
構成員だった羽衣セキセイ(オパーリンライラック)♂の正男さん、ローラカナリア♂のロロさんは私の実家に出向中。
赤カナリア♂のアカオさんは2011年8月4日に虹の橋へ旅だってしまいました☆

旧ブログ→http://harukovsky.cocolog-nifty.com/blog/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。