スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス8:ルピュイアンヴレ(岩山の礼拝堂3)

絵はがきのLe Puy en Velay

lepuy1.jpg

ボーヌ川からみたサン・ミシェル・デグイル Saint Michel d'Aiguilhe

DSCN1590.jpg

962年7月18日に落成した礼拝堂。フランス人司教Gothescalkが950年に約1年間をかけて(フランス人初の)サンチアゴ・デ・コンポステラに巡礼を行い、聖ミカエル(サン=ミシェル)に捧げる礼拝堂をこのAiguilheにある火山尖に建てたとか。ただしそれ以前より聖なる場所だったようだ。


登り口。

季節によって変則的だが、概ね9:00〜9:30より17:00〜18:30
冬期(11/16〜1/31は積雪などにより入山不可)
3ユーロ

DSCN1597.jpg

階段は268段。
そんなにきつくはない。

山の左側斜面にジグザグの階段がある。

DSCN1598.jpg

岩に様々な小植物が自生している。

DSCN1638.jpg

山頂の礼拝堂が見えてきて・・・

DSCN1602.jpg

礼拝堂に到着!

歴史建造物総視察官プロスペル・メリメの言葉「この眺めは建築術の傑作の一つだ」。

DSCN1604.jpg

イスラム美術の影響を受けたファサード。聖書の創世記と聖ヨハネの黙示録からの図柄だが、モザイクがあるのが特徴。

DSCN1629.jpg


礼拝堂の中はギリシア正教の教会(ビザンチン風)のよう。

DSCN1607.jpg

ギリシャの古代神殿のような列柱。ただし岩が非常に硬いので彫刻はしにくかったようで、細密ではない。

DSCN1612.jpg

DSCN1615.jpg

フレスコ画は10〜12世紀に描かれたもので、18世紀までは厚い漆喰に隠されていたらしい(イスラーム勢力からの保護)。絵は何層ものロウを塗り、その上に描かれている。

DSCN1616.jpg

栄光のキリストを中心に、太陽・月・セラフィム・聖ミカエル、4つの福音書を現している。

DSCN1618.jpg

12人の使徒、天使、聖人。窓の右は天国(聖ミカエルに導かれた選ばれた人達の魂が住んでいる場所)、左は天の下の地獄(醜悪な動物に地獄へ落とされる光景)。

DSCN1610.jpg

この小さい礼拝堂では小さな音で賛美歌が流れていて、なんとも心地よい。床に座ると底に落ち込んでいく感覚にとらわれる。

1955年に祭壇を修復したら、柱の土台からキリスト磔の十字架(木製)が出てきた。10世紀頃のスペインのものとか。ノートルダム大聖堂にレプリカ(土産)があったのでパチリ撮影。

DSCN1674.jpg

実はフランス人司教Gothescalkが「サンティアゴ巡礼の際持ち帰った聖遺物をそこに納めるための教会だった」、とも言われている。


礼拝堂の周囲を回ってみる。

DSCN1623.jpg

マリア像と大聖堂がよく見える。

DSCN1621.jpg

これは礼拝堂ね。
(真下から見上げてみた)

DSCN1624.jpg


念願叶ったり!


次はノートルダム・デュ・ピュイ大聖堂に行ってみる。

DSCN1622.jpg


.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

Copyright belongs to Haruko. All rights reserved. This blog may not be translated, quoted, or reprinted, in whole or in part, without prior written permission.
スポンサーサイト

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Harukovsky

Author:Harukovsky
我が家の構成員は下記の通り。
●オカメインコ(全体が黄色のEXスーパーヘビーシナモンパールパイド)♂のハルオ。
●サザナミインコ(ノーマル)♀の鬼嫁みどり。
●サザナミインコ(コバルト)♂の婿殿コバオ。
●人間(快楽主義)♂のオット
●人間(放浪主婦)♀の私
- - - -
構成員だった羽衣セキセイ(オパーリンライラック)♂の正男さん、ローラカナリア♂のロロさんは私の実家に出向中。
赤カナリア♂のアカオさんは2011年8月4日に虹の橋へ旅だってしまいました☆

旧ブログ→http://harukovsky.cocolog-nifty.com/blog/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。