スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県は渋温泉

新潟県某所から長野県(志賀高原山麓の)渋温泉に行ってみた。

途中、小布施というところで栗おこわ&信州牛の重ね焼き定食をいただく。

どーしましょう!って言葉が出るくらい美味しかった。

DSCN0174.jpg

蔵部
http://www.obusedo.com/store/detail/club.html


長野県下高井郡山ノ内町にある渋温泉。

約1300年前、奈良時代の法相宗の坊様(行基)が発見したと言い伝えられている。戦国時代は武田信玄の隠し湯のひとつ。

DSCN0195.jpg

旅館35軒+外湯9ヵ所に対して源泉の本数は37ヶ所。多くの旅館は外湯の源泉ではなく、旅館専用の源泉を使っているとか。泉質も湯温も異なっており、何種類かブレンドして客に提供しているそうだ。江戸時代には佐久間象山(信濃国松代藩士で兵学者・思想家)、小林一茶(俳諧師)、葛飾北斎(浮世絵師)などが訪れている。

※含食塩石膏泉、含食塩亡硝泉、弱食塩泉、含食塩亡硝硫化水素泉、単純泉。

DSCN0373.jpg

DSCN0387.jpg
(温泉街の裏道:源泉からひいている管がアミダ籤のようになっている)

横湯川沿いに温泉街があるが、大型宿泊施設は川沿いにあり、川と平行した山側の石畳道には、古くからの木造建築の旅館が並ぶ。9カ所ある外湯もこちらにある。

大湯という外湯の前に立つのが、創業247年の《金具屋》という老舗旅館。「斉月楼」は昭和8年着工、昭和11年完成の旅館建築。釘や金具をほとんど使わない四階建ての木造建築物。2003年には斉月楼と(130畳の折上げ格天井の)旧温泉会館大広間は、国の登録有形文化財に認定されている。

DSCN0377.jpg

DSCN0378.jpg

ま、このような宿には縁がなく(笑)・・・石畳通りにある丸善旅館という昭和ノスタルジー溢れる宿に泊まる。2食付きで金具屋の半額〜1/3という値段。

DSCN0194.jpg
(建物の中はかなり複雑)

部屋は民宿以上旅館未満。テーブルはコタツ。それも昭和の家には普通にみられたやつ。いいですね〜こういうの大好きですよ。落ち着く。

DSCN0185.jpg
(写真の女性は三代目おかみ)

食事が抜群に美味しくて豊富!

DSCN0188.jpg
(馬刺しは追加注文で800円。これが抜群に旨い)

朝食もサイコー。

DSCN0191.jpg

この宿は、旅館用の源泉から3本をブレンドして内湯につかっている。これが実に優しくて濃くていい湯。

イチ押しの宿ですぞ、丸善旅館。


渋温泉といえば外湯巡り。

一番湯(初湯)、二番湯(笹の湯)、三番湯(綿の湯)、四番湯(竹の湯)、五番湯(松の湯)、六番湯(目洗い湯)、七番湯(七操の湯)、八番湯(神明滝の湯)、九番湯(大湯)。

いずれも宿泊客および地元民専用。どの浴場にも共通鍵がかけられているため、宿泊先でマスターキーを借りて湯巡りする。 宿泊者は無料。

九つの外湯巡りは、苦(=九)労を流すということで、「巡浴祈願手拭い」と浴場のマスターキーを持ち歩きながら各浴場においてある朱印を押す。9つの浴場全てにて受印したら、受印した巡浴祈願手拭いをもって高薬師に参詣してここでも受印する。すると満願成就するといわれている。

DSCN0383.jpg

九番湯(大湯)。

唯一、宿泊者ではない客が500円払って立ち寄り湯が出来る湯。

DSCN0182.jpg

源泉62.6℃がそのまま注がれている源泉掛け流しの湯(加水しないと入れない)。茶褐色の細かい湯花が漂っている。はっきりと硫黄臭と塩分と鉄分を感じる湯。リュウマチ、神経痛に効くらしい。

DSCN0183.jpg

湯船の真下に源泉があるため、ここだけは更衣室横に源泉熱を利用した蒸し風呂がある。


こちらは外見が1番風流な三番湯(綿の湯)。2つの唐破風の庇がついた立派な湯屋建築はここだけ。

s1.jpg


9つまわって1番好きな湯は、六番湯(目洗い湯)でした。

s2.jpg

渋温泉の外湯は同時に4~5人程度しか入れない小規模なものがほとんど、大湯以外はどこも狭い。

野沢温泉のように誰もが入浴できるのではないのでハードルは高いけど、温泉好きには堪らないいい湯ですよ〜。やっぱ日本の温泉は世界サイコーですワ。

.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

Copyright belongs to Haruko. All rights reserved. This blog may not be translated, quoted, or reprinted, in whole or in part, without prior written permission.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Harukovsky

Author:Harukovsky
我が家の構成員は下記の通り。
●オカメインコ(全体が黄色のEXスーパーヘビーシナモンパールパイド)♂のハルオ。
●サザナミインコ(ノーマル)♀の鬼嫁みどり。
●サザナミインコ(コバルト)♂の婿殿コバオ。
●人間(快楽主義)♂のオット
●人間(放浪主婦)♀の私
- - - -
構成員だった羽衣セキセイ(オパーリンライラック)♂の正男さん、ローラカナリア♂のロロさんは私の実家に出向中。
赤カナリア♂のアカオさんは2011年8月4日に虹の橋へ旅だってしまいました☆

旧ブログ→http://harukovsky.cocolog-nifty.com/blog/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。