スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス3:ヴィシー温泉

ヴィシーは「噴泉口が30ヶ所以上もある温泉地」として古代ローマ時代より知られ、17世紀より温泉は温浴や飲用で利用されている。温泉水を利用したミント菓子や化粧水など水を使った様々な商品がある。

・・・と、観光局でもらったパンフレットには書いてある。


大きな地図で見る

オペラハウスはスルス(源泉)公園 Parc des Source の南西の端にあるが、その南東に Hopital という源泉がある。これはかなりの硫黄臭。残念ながら改良工事に入るため閉鎖中。

DSCN1368.jpg

温泉(源泉)を飲む施設ね。

DSCN1371.jpg


スルス(源泉)公園の北には Hall des Source という5種類の温泉が飲める建物がある。 Hopital からここへは屋根付きの歩道を通っていく。

DSCN1382.jpg

Hall des Source では五種類の温泉が飲用できる。Chomel と Gralle はこの建物内に源泉がある。

DSCN1390.jpg

DSCN1410.jpg

処方箋に書かれた温泉を適量のむ。適量とは1回が50〜100cc以下程で飲んだらしばらく休み、また飲み・・の繰り返し(処方で指示された全飲用量をの飲む)。料金はどれも無料。

コップ持参の人も少なくなく、ペットボトルに詰めて持ち帰る(健康者は自動販売機でプラスチックのコップを20centsで買う)。Célestins 以外はどれもマズイ!塩味と酸味が強い重炭酸塩泉のような味。

DSCN1426.jpg

DSCN1396.jpg

DSCN1399.jpg

DSCN1398.jpg

・Chomel

源泉の位置:掘削によりこのホールの地下55mより湧く(1861年1月24日)
源泉温度:43.5度
pH:6.9
噴出量:16L/1分間
フッ素を含み、かすかに硫黄臭がするが飲みやすい。疾患に耐えられる身体になれるとか。

DSCN1402.jpg

DSCN1386.jpg
(源泉。経いっぱいに細かめの気泡が立つ)

・Celestins

源泉の位置:公園外の南、約1kmにある大きな岩の裂け目深さ30mより自噴(1861年1月23日)
源泉温度:22度
pH:6.7
噴出量:167L/1分間
体内への吸収が極めてよく、体内を暖められる(ほてる)。

DSCN1404.jpg

・Hopital

源泉の位置:公園の南西にあるHopitalより自噴(1861年1月23日)
源泉温度:34度
pH:6.8
噴出量:47L/1分間
硫黄臭が際立ち硫化水素が豊富。食道炎や胃腸の炎症を抑えるのに効果的とのことで、逆流性食道炎(胃もたれ)だった私はガンガン飲んでいた。

DSCN1407.jpg

・Lucas

源泉の位置:天然の井戸深さ15mより自噴(1861年1月23日)
源泉温度:27度
pH:6.8
噴出量:15L/1分間
抗ウイルス、皮膚疾患に効果あり。特に疥癬(かいせん:ダニによる皮膚感染症)による痒みを抑える効果があるので、患者はこの温泉水を含ませたタオルなど塗布していた。硫黄の味がしっかりと感じられる。

DSCN1399_1.jpg

・Grande Gralle

源泉の位置:このホールの下、自然の割れ目深さ9.65mより自噴(1861年1月23日)
源泉温度:39度
pH:6.9
噴出量:15L/1分間
フッ素が豊富。肝臓疾患にいいが強い温泉水なので、飲み過ぎは不可。

DSCN1405.jpg

DSCN1425.jpg
(源泉。高さ30cm程だが吹き上げている)


ヴィシーの5種類の温泉のうち、Célestinsの源泉はとにかく別格扱い。

この温泉はHopital の南、約1km程のところ、アリエ川沿いにある大きな岩の裂け目から湧く。源泉の真上の岩場にあるセレスタン修道院は1410年にルイ2世によって建てられた。

映画「カサブランカ」でも有名になったヴィシー・ウォーターはCelestinsの水。町のあちらこちらにある公共の水飲み場の水はここのもの。重炭酸塩(重曹)っぽい少し癖がある炭酸水。炭酸の気泡は細かい。現在の源泉の温度は22度だが、1900年当時は12度だったらしい。日本では鉱泉とか冷泉というのかな?

DSCN1485.jpg

DSCN1471.jpg

DSCN1472.jpg

DSCN1476.jpg

地元民がひっきりなしに水を汲みにくる。

1867年、ヴィシー・フェルミエ社がこの源泉を初めてボトリング。現在は日本にも輸出されている。

vichycelestans-500.jpg
(500ml×24本入で4,752円)

通販サイトによれば・・・

エネルギー・たんぱく質・脂質・炭水化物:0
ナトリウム 117.2mg
カルシウム 10.3mg
マグネシウム1.0mg
カリウム6.6mg
重炭酸塩298.9mg/100ml
硬度 298mg/L

・・・とのこと。

19世紀頃から世界各地に輸出しているそうな。


ヴィシーでは三カ所の高級スパリゾートで温泉浴が楽しめる。ジェットバスや泥パックもあるが、2人の温泉療法士が両手を使って全く同じシンクロナイズされた動きでマッサージする「ヴィシー・シャワー」が有名。使用する温泉水(Célestins)は皮膚疾患に効能があるらしい。

DSCN1409.jpg

温泉につかり「あーいい湯だなー」というワケにはいかないようだ。

ちなみに泥パックは《Domes et Lys》という藻が混じった粘土質の温泉泥を使う。


かつての女性専用の大浴場。
1937年に建てられた。

DSCN1489.jpg

DSCN1490.jpg


それにしても湯けむりを感じない温泉町であるな。
.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

Copyright belongs to Haruko. All rights reserved. This blog may not be translated, quoted, or reprinted, in whole or in part, without prior written permission.
スポンサーサイト

テーマ : 出張旅
ジャンル : 旅行

韓国:薬岩温泉

韓国に温泉は150余あるそうで。

でも多くが単純泉。
炭酸泉、硫黄泉と続く。

ソウルには地下鉄九宜駅下車、徒歩10分くらいのところに《ウリ硫黄温泉》という、ソウル市内にあるとは思えないほど、泉質だけは(←強調)マトモな硫黄泉の温泉がある。が、ここは前に行ったので別の湯を探した。なおソウル市内で薦められる温泉はココだけね…。

「韓国で硫黄泉」って、実は数カ所を除いて硫黄臭はほとんどしない。日本や台湾のような「これぞ温泉でっせ!」みたいな温泉臭ムンムンの温泉はほとんどない。温泉を目的に行く私のようなヲタ客にはとって、ちと厳しい国かもしれない。

(硫黄泉でOKなる温泉は、抱川市一東面水入里にある《一東温泉》、楊平郡介軍面貢税里にある《シェルビル温泉》、忠州市にある硫化水素系の《文江温泉》の3カ所)

ただ欧米の多くの温泉のように、温泉成分の匂いを消して塩素投入しすぎ…ってことはない。近年、男女混浴で水着着用の温泉プールはあるが少ない。国内には温泉・非温泉も含めるとサウナ付きの公衆浴場が沢山あり、その感覚は昭和の日本と同じかな。


さて・・・

「金浦空港がある金浦市郊外に、韓国国内唯一の紅塩泉(鉄塩泉)という変わった温泉があるよ」と聞いて、俄然興味がわき、ここに行ってみた。

温泉の名前は《薬岩温泉》。
韓国語でヤガム・オンチョンと言う。

薬岩紅塩泉観光ホテル(薬岩観光ホテル)の地下から湧く温泉で、いわゆる1軒宿の温泉だ。


行き方は色々あるらしい。地下鉄松亭駅から無料バスがあるが、ハングルがまるで読めない私は「無料バスがどんなバスか(読めません)わかりません…」なわけで、こんな私に1番優しい行き方で行く。

地下鉄永登浦駅下車(ロッテデパート側)、駅舎を背にして(右がソウル/左が水原&仁川)目の前の大きな道を直進。1つめの交差点を越えたあたりからバス停が連なる。

60-3番バス

始発で座れます←ここ大事!
本数は結構多いが、新興住宅地を縫うようなルートなので混雑する。
運賃は遠距離なので1,800ウォン。

この60-3番のバスは地下鉄堂山駅を通りながら、金浦空港前や地下鉄松亭駅などを経由、どんどん丘陵地帯や田園地帯に入っていく。

道はバイパスみたいになったかと思えば、歩行者歩行無理!みたいな細い道を爆走していく。元々ある集落も通るが、新たに開拓して点在する新興団地群も経由していく。団地はどれも20階建て前後の高層住宅。畑、荒れ地、丘陵の麓にポツーんと、でも20〜30棟がかたまって建つが、人気がまばらなのでなんとも寂しい光景だ。

乗車すること1時間半(往復とも似たような所要時間)、江華島の南に渡る橋(356号線)の手前で降りる。

終点は「大明浦口/デミョンポグ」。ここは小さい漁港だが、格安で海鮮料理が食べられる店が集結していることで有名☆

降車のバス停名は「薬岩観光ホテル前」
(ヤガムクァングァンホテル)

DSCN1224.jpg
(降車したバス停で撮影した)

このバス停の周辺は目標物が乏しく、予め運転手に「ここで降車したい」と伝えないと無理かも。でも終点まで行っちゃっても歩ける。

降車したところの写真。

DSCN1223.jpg

進行方向の交差点(緑色の看板)を左折。バス停から約10mね。

DSCN1225.jpg

左折するとき、温泉の案内看板がある。

DSCN1182.jpg

左折するとこんな景色。
ピンクのホテルが「薬岩紅塩泉観光ホテル」←小さく見えるのがミソ

DSCN1181.jpg

DSCN1183.jpg

バス停から徒歩約5分。山というか丘を登る。

対面通行がギリギリの細い道を歩くが、大きめのトラックが爆走するのでコワイ。歩道はあったり切れたり…バス停の周囲に店舗はないが、ホテルの前にマッククスの安食堂が2軒、雑貨店が1軒ある(でも夕方には閉店する)。


薬岩紅塩泉観光ホテル
(ヤガムホンヨンチョンクァングァンホテル/Yakam Tourist Hotel)

DSCN1185.jpg

客室は71(1泊50,000ウォン〜)で、2000年の秋に建てられたそうだ。


フロントで入浴代金を払う。
(ホテル宿泊客は無料)

DSCN1209.jpg

6,000ウォン
(スポーツタオル1枚付き:要返却)

DSCN1210.jpg

チケットをもらい、地下1階におりる。


男女別浴場に分かれていて、入り口の番台に「これぞ韓国人!」なオバチャン(アジュンマ)が番台に座っている。チケットを差し出すとタオルとロッカー鍵を渡される。このオバチャン、すごく親切(ややお節介)。

(多くの公衆浴場にはシャンプー・コンディショナーは置いていない。石鹸はあるところと無いところがある。念のため持参した方がいい。番台では飲料、シャンプーとか垢すりタオルとか売っている)

指定された番号のロッカーに衣服を入れ、タオル(シャンプーなども)を持ってGO!

入ると、どーんと瓢箪状の浴槽が・・・
これは地下680mから湧く岩盤水を加温した泡風呂だそうな。

浴槽のまわりの段差があり、ここに腰掛けて垢すりするのが韓国スタイル。

DSCN1192.jpg
(写真正面:垢すりマッサージ部屋)

左の浴槽は「電気風呂」と「乾燥ヨモギを沈めている風呂」、どちらも岩盤水の湯。その奥が強烈な打たせ湯とか趣向を変えた浴槽が3つ。写真中央やや左に2つのサウナがある。どちらも乾燥ヨモギ入りのミストサウナ(玉チムジルバン)で温度が異なる。

DSCN1194.jpg

写真右:黄土が厚く塗られたサウナ(漢方チムジルパン)。
写真中央:お待ちかねの「鉄塩泉(紅塩泉)の浴槽」へ行く道。

DSCN1195.jpg

この黄土サウナにも乾燥ヨモギが置かれている。このサウナは広々としていて両側にベンチはあるが、多くの韓国オバチャンは麻のマットが敷かれた床に寝そべっている(というか大の字)。熱が柔らかく包み込み気持ちいい。ちなみに韓国オバチャンはタオルで前を隠すとか皆無。実にオープン(笑)

DSCN1207.jpg


鉄塩泉(韓国では紅塩泉という)

伝説によれば1800年代半ば、眼病で悩む朝鮮王朝第25代王の哲宗がこの地の「紅い岩から流れる水(紅塩川)で目を洗ったら治った」とのことから、薬の岩と書いてヤガムと名付けられた…そうで。

DSCN1187.jpg
(館内のポスターより:TV取材多数らしい)

温泉の浴槽は3つ。

手前が42.5度(実際は44度位)、奥が40度ちょい。韓国人は40度ちょいの湯が好きみたいで、公称42.5度の湯に入るのはパンチパーマの大御所ばかりなり。何せ熱い…浴槽の底から数カ所、熱い温泉が出るシステムだが、見えないので油断出来ない。

紅葉色!

DSCN1205.jpg

対面する形で30度前後の浴槽が1つ。
(たぶん、これが源泉)

DSCN1190.jpg

舐めてみると鉄っぽくてやや塩辛い(塩分濃度は海水の1/10)。

マズイ!

ずっしりとした本格的な湯で暖まる。

タオルは赤く染まるため、ここの専属タオルは元々オレンジ色(笑)

DSCN1199.jpg

「なんでこんな狭い部屋に?」ってなところに良質な温泉の浴槽が押し込まれているって変だ。湧泉量が少ないのか?

湧出直後は無色透明。湧出後10分程度で(空気に触れると)鉄分が酸化されて茶褐色になる。

日本の温泉区分では「含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉…」と思われる。泉質は日本だと有馬温泉(兵庫県)金の湯に近いかな。硫黄成分が加われば苗場の雪ささの湯(新潟県)とかなんだけど。


外に岩盤水を加温した露天風呂が1つある。

DSCN1191.jpg

ここに温泉を持ってきて欲しい・・・


韓国といえば「垢すり」!

サウナと温泉で身体がふやけたところで、垢すりブースにいる垢すりオバチャンに頼む。

観光客なんぞたまにしか来ない(来ても中国人)地元度が極めて高い温泉場だけあって、垢すり+マッサージ+洗髪+頭皮マッサージ+顔マッサージ+保湿オイル・・・というコースで2万ウォン。明洞とかの観光客向け豪華垢すりの1/3〜1/4の値段ですワ。

しかもゴッドハンド!
(至福の垢すり+マッサージ)

支払いは、垢すりオバチャンが私のロッカーキー番号を控えていて、浴場入り口の番台にロッカーキーを返すとき。現金で支払う(チェックしている)。これは地元用公衆浴場でほぼ共通のようだ。


湯上がりに源泉を見に行く。
ホテルの裏(千台駐車可能の駐車場)に源泉がある。

地下約460mから湧出。
どうやら冷泉を加温するようだ。

効能:眼病、皮膚疾患、関節痛、体質改善、血液循環(冷え性)

DSCN1213.jpg

駐車場の出入り口に「飲用」の温泉蛇口がある。
無料!

DSCN1217.jpg

写真の韓国おじさん、片言の日本語が出来て「ここの温泉、1番いいね、薬、薬・・」を連呼していた(笑)

韓国では数少ないお勧めの温泉でした!

薬岩温泉(ヤガム・オンチョン)

薬岩紅塩泉観光ホテル
京畿道金浦市大串面薬岩里450-2
경기도 김포시 대곳면 약암리 450-2
6:00〜20:00無休
(ホテル内の食堂の同じ営業時間)

行き方
●地下鉄5号線永登浦駅下車、60-3番バス
●地下鉄市庁駅下車、631番バス
または
●地下鉄2号線松亭下車、2番出口を出た郵便局前から無料送迎バス(1か2番出口から60-3番または631番バスでも行ける)
※無料送迎バス時刻表
DSCN1211.jpg

松亭駅発:09:00, 11:00, 13:30, 16:00
ホテル発:10:00, 12:30, 15:00, 17:00




大きな地図で見る

.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

Copyright belongs to Haruko. All rights reserved. This blog may not be translated, quoted, or reprinted, in whole or in part, without prior written permission.

テーマ : 出張旅
ジャンル : 旅行

フィジーの温泉(サンベト温泉)

夏休み第二弾の旅は、南太平洋の《フィジー共和国》行きだったのは既出の通り。

日本(成田空港)から、ボロッい機材を使用したコンチネンタル航空で行く。グアム乗り換えでフィジーはナンディに到着したのが朝6時過ぎ。ホテルに到着したものの部屋が空かないため、ホテルのプールサイドの長椅子で(寝不足と長時間飛行の疲れ)爆睡する。

しばらくするとオットに起こされ、唐突に「レンタカーを借りた」と言う。

P1060996.jpg
(Mazda2を借りた。日本名はデミオ)

最初は半日ほどタクシーでも借り上げて、近所をまわろうか?って言ってたけど、タクシー代(半日)とレンタカー代(1日)がほぼ同じと判明。ならばより自由が利くレンタカーだな、ということにしたらしい。フィジーは日本と同じ左側通行だしね。

「ほな、(ビチレブ島の)温泉にいきましょ」

・・・ということになった。

レンタカー屋のオヤジに行き方を聞いたら、さほど問題なさそうだ。

目指すは《サンベト温泉 SABETO Hot Springs 》

ナンディからバスで30分くらいだそうな(レンタカー&タクシーなら20分で行けるよう)。ナンディとラウトカの中間に位置、スリーピングジャイアントと呼ばれる、かつての火山の麓にある。

ナンディからラウトカ方面に行く幹線クィーンズ・ロードを進む。左手に空港をみてしばらくすると幅10m位の川を渡る。渡りきって少し行くと右手にバス停の小屋が見えたら右折(Wailoko Rd.)。あとはこの未舗装の幅狭な道を道なりに進む。

sabeto.jpg

すーっとサトウキビ畑が広がる長閑な景色。たまに集落がある。しばらーーーく進むと右手に、少しは整備された広場がひろがる。ここがサンベト温泉。

P1070043.jpg

P1070039.jpg

ここの温泉は温泉は2種類ある。

入浴のルールがあり、まず仄かに硫黄臭がする泥プールで全身に泥を塗る。ここの泥は温泉で発酵しており、美肌にいいらしい。ただし多少、肥料臭い(季節差・気温差で変動する)。泥プールは隣接して2つある。

P1070011.jpg

身体に塗り終わると、周囲の原っぱで泥を乾かす。

源泉から流れ出て程よい湯温になった、やや透明な温泉プールで流す。



ところで「源泉は何処にあるの?」

泥プールとやや透明な温泉プールの間に源泉があった。

源泉温度は季節差等があるが、70度程度。
ビチレブ島は火山島なので火山性の硫黄泉だ。
(若干の火山活動はあるらしい)

源泉池の底から数カ所、ポコポコ湧き出ている。
透明度は高く、やや青白い。
温泉苔も生えている。

P1070021.jpg

このままでは入れないので・・・

源泉池から源泉を流して冷ましがてら、少し離れた所に掘った温泉プールに溜める。

P1070027.jpg

P1070026.jpg

温泉プールの深さは70cmほど。

本来は透明な湯も、客が全身に泥を塗ったまま入るため、泥が混ざって濁っている(苦笑)

P1070028.jpg

ここの湯温は40度ちょい(季節によって緩い水のような場合もあり)。
地元民は「疲労回復・皮膚病に効く」と言う。

温泉プールの温泉は普通の川になって流れていく・・・

P1070031.jpg

温泉プールから全景を見渡す。
(源泉は左手、泥プールは中央奥になる)

左手奥に男女別シャワー室、更衣室の小屋がある。

P1070034.jpg

左手の青いテントは「フィジー式オイルマッサージ屋」。
地元のフィジー系おばちゃんが、マターリと施術中・・・・

P1070036.jpg

サンベト温泉の周囲にも幾つかの噴出量の少ない温泉があるが、地元民は料理用に使っている(ビニール袋に食材と調味料を入れ、温泉につけて加熱する)。これがタイだとゆで卵にするが、源泉の温度はそれほど高くないので無理。

* * * * * * *
営業時間:月〜土の8時〜17時
入場料:14フィジードル(約700円)。
見学だけ:7フィジードル(約350円)。

フィジーの物価に換算すると高い!
(ビール大瓶1・小瓶2で約10フィジードル)
近隣の部落への賃貸料と温泉整備に使われるそうだ。

公共交通機関で行く場合、ナンディのバスターミナルから1日3本ほどあり。
タクシーだとナンディから往復15〜20ドル前後だが、言い値は30ドルくらい(タクシーは待たせるべき。超田舎なので流しのタクシーは皆無)
* * * * * * *


.
.
.
- - - - - -
☆ランキングに参加しています。
宜しければ、どれかにポチっ(↓)と応援お願いします・゚・(ノд`)・゚・

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへにほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっ・・ありがとうございますっ☆

Copyright belongs to Haruko. All rights reserved. This blog may not be translated, quoted, or reprinted, in whole or in part, without prior written permission.
プロフィール

Harukovsky

Author:Harukovsky
我が家の構成員は下記の通り。
●オカメインコ(全体が黄色のEXスーパーヘビーシナモンパールパイド)♂のハルオ。
●サザナミインコ(ノーマル)♀の鬼嫁みどり。
●サザナミインコ(コバルト)♂の婿殿コバオ。
●人間(快楽主義)♂のオット
●人間(放浪主婦)♀の私
- - - -
構成員だった羽衣セキセイ(オパーリンライラック)♂の正男さん、ローラカナリア♂のロロさんは私の実家に出向中。
赤カナリア♂のアカオさんは2011年8月4日に虹の橋へ旅だってしまいました☆

旧ブログ→http://harukovsky.cocolog-nifty.com/blog/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。